宮嶋哉行

宮嶋哉行

宮嶋 哉行
MIYAJIMA Saikou

音楽家
1962年名古屋生まれ。
2歳より鈴木メソードにてバイオリンを始める。
クラシック、ロック、電子音楽などの演奏スタイルを経て
生楽器による即興演奏に至る。
その暮らしや音楽活動を納めたドキュメンタリー映像作品
『風にきく』が映画監督•茂木綾子によって収められ、
スイスニヨンの映画祭で特別賞を受賞。
現在は紀伊半島南部の山里に暮らし、
ソロとして活動を中心に京都を拠点にライブ活動をしている。

■活動歴
●CD『アモルファス トレンド』solo 1998
___『ra distance 』this=misa x saikou 2003
___『saikou3sun』 solo 2012
___『The sounds of pentagon garden』this=misa x saikou 2015

●映画『風にきく』茂木綾子監督 2002
___『島の色、静かな声』茂木綾子監督 2008

●ダンスの音楽
_共演者 黒子沙菜恵、森下真紀、モノクロームサーカス、KIm Wonなど
_『踊りに行くぜ! vol.10』2009
_ソンナム国際舞踊フェスティバル2009
_ソウル国際舞踊フェスティバル日韓共同ダンス作品 2010

●その他
_神戸サンテレビ『花音』シリーズの音楽制作 2013


ジャンル:

関連情報

立ち上がる音と消えゆく音に意識を置いて 沈黙を測り、発音する 速さ、強さ、温度、湿度を吟味して ヴァイオリン独奏による世界と 楽器に声、石や空き瓶などの音をその場で録音再生させる多層の世界。 音楽は通りぬけていく -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-…
音の個展シリーズvol.3 『その時、音に喩えて』 描き出される線と色彩、同時に響く音が、 そこに居合わせた人の心にどんな物語を抱かせるのか ■開催日時/2018年6月3日(日) ______ギャラリー開場 15:00 ______※18:00に閉廊後、ライブ準備後、再開場します。…
目を閉じ 思考を止め 耳をすます 印象と心象 体の動きに 意識を集め 音になる 即興演奏とは、演奏者が何らかの主題をもって、 その時その場所で、作曲・演奏をしてゆく音楽です。 その主題は、演奏者の関心・印象・心情・心象など多様で、 表現方法も、旋律・リズム・音色など自在に変化します…
宮嶋哉行 音の個展シリーズ vol.1 ~その時、音に喩えて~ 僕というかたちを とおりぬけた先に 即興で広がる 音 おと オト 美しい 音楽という現象 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* …