松原豊

松原豊

写真
松原 豊
Yutaka  Matsubara

1967年 三重県生まれ。
三重県津市(旧 美里村)在住。
東京写真専門学校名古屋校(現 名古屋ビジュアルアーツ)卒業後、撮影アシスタントなどを経て独立。
2004年美里の古民家に移住。office369番地主宰。
ローカル誌 NAGI、Kalasなど三重県を中心に活動するかたわら、村を記憶する写真師としての撮影をライフワークとする。
母校でモノクロプリントの講義を担当。
1998年 「御蚕さまの居るところ」 写真展開催
(東京青山ホカリファインアートギャラリー)
2010年 県民ギャラリー(三重県立美術館)にて
写真展 「村の記憶」 を開催
2011年6月 写真集 「村の記憶」 月兎舎より発刊
2011年 写真展「村の記憶」新宿ニコンサロン、大阪ニコンサロン、
名古屋ビジュアルアーツギャラリーにて開催
2012年 津市文化奨励賞 受賞
(社)日本写真家協会会員

Web:
http://www.murakio.com/

 


ジャンル:

関連情報

こだわりの店や物づくり、後世に伝えたい生活文化、ライフワークや趣味…。 NAGIは「人」を切り口に、地域の宝を掘り起こし、 サステナブルな社会をめざしていこうと、2000年に創刊しました。 あれから20年。人類が経験したことのない変動期のさなか、 地方に住まう私たちにとって必要なもの、後世に…
この写真展は中学の同級生である写真家・松原豊と 銭湯愛好家の永瀬裕司が、2006年に再会してから 三重県内を巡り撮影してきた銭湯の写真を展示するものです。 まちの生活に密着した銭湯の存在も、 このところの老朽化や後継者不足で その減少止めることが出来ない状況です。 そんな…
時代を観察し、記録として残した 地方誌のこれまでを振り返りながら その未来を展望する企画展です。 ◆1◆ 地方誌の足跡展 津市周辺で生まれた地方誌のこれまでと、 それぞれが地域に残した足跡を振り返る企画展。 ◆2◆ 写真師・松原豊×つつみあれい『ふたつの顔展』 小冊…
2013年、最初の展覧会はVOLVOXの協同運営作家が一堂に会します。 ■会期/2013年1月9日(水)~1月14日(祝/月) 11:00~19:00(最終日は16:00まで) ■出展作家(予定) 秋山 茂<木工>   池山 琢馬<木工> いとう えりこ<人形>…