松山広視

松山広視

絵画
松山 広視
Matsuyama Hiroshi

1974年 三重県生まれ、鈴鹿市在住
1999年 名古屋芸術大学 美術学部 絵画科洋画コース卒

個展
1998年-2015年 ギャラリーコヅカ<名古屋>にて毎年開催
2003年-2010年 ギャラリィK<東京>にて8回開催
2010年-2016年 マリーギャラリー<東京>にて4回開催
2016年 VOLVOXにて開催

まつやま絵画教室<鈴鹿市> 主宰

maysuyama-3 matsuyama-1

matsuyama-2 matsuyama-4


ジャンル:

関連情報

松山さんの作品と初めて出会ったときのことを、 今でも鮮明に記憶している。 10数センチほどの正立方体の一面に、 わずか数ミリの小さな汚れのような点が描かれていた。 コンテンポラリー・アートは難解という言葉で片付けるのは簡単だが、 私は彼の描き出す作品よりも、彼が何を追及したいのかという…
松山広視展 MATSUYAMA HIROSHI EXHIBITION 絵画における図となる部分と地となる部分の関係性を 追求されている松山さんの2年ぶりの個展を開催します。 ■開催日時/2018年4月28日(金)~4月30日(日) ______11:00~19:00(最終日は1…
皆さんは「ルビンの壺」をご存じだろうか。 ルビンの著書「視覚的図形」に出てくる 背景が黒地で白い壺のカタチをした図形のことだ。 見方によっては2人の人物が向かい合った顔にも見える。 全てのカタチには境界があり、 その境界のいずれかの領域を 人は「図」、あるいは「地」と認識するらしい。…
松山広視展 Hiroshi Matsuyama Exhibition 図になるもの 地になるもの 絵画における図となる部分と地となる部分の 関係性を追求しています。 図とは描かれているものそのものであり、 地とは図が描かれている場所のことです。 このふたつの要素は絵画の構成に必…