LUNA

LUNA

LUNA
singer

音楽教師の父と筝曲大師範の母のもと、様々な音楽に触れて育つ。
3才よりクラシックピアノを学ぶ。
2001年よりvocalistとしてのキャリアをスタート。
“心に響く歌”、“血の通った音”を信条とする。

2009年8月 1stアルバム『Everything Must Change』リリース
2009年9月 アケタズディスク『MENINA MOCA / AKETA meets VOCAL』参加
『Everything Must Change』はJAZZ LIFE誌の“MY BEST ALBUM 2009”に選出された。
またスイングジャーナル誌の2009年のジャズディスク大賞にもノミネートされる。
2012年5月 2ndアルバムとなる『Natural』を、LUNA&大石学 duo 名義でリリース。
2015年5月 参加ユニット『倍音の森』のアルバムがリリースされる。

近年ではジャンルを超えた様々なミュージシャンとの共演も多く、
自身の作詞作曲や他のミュージシャンとの共作にも意欲的に取り組み、
オリジナル楽曲の創作・演奏にも力を入れている。
また、ソリストとして歌うだけでなく、様々な楽器とのアンサンブルにおいて
楽曲を構成するひとつの音としての歌の在り方にも強い関心を抱き、
幅広い演奏活動を展開している。

ダイナミックかつ繊細、ブルージーでエモーショナルな天性の歌声に恵まれた、
存在感のあるvocalist。


ジャンル:
同ジャンルの作家