もうひとつの世界へ
共感覚とは 文字や数字に 色が付いて見えたり 音を聞くと色や形が 思い浮かぶ感覚のこと。 音楽にしても絵にしても、 即興というのは 無意識で素の状態。 自分であり 自分でないという感覚。 ある日ふと思った。 夢の世界、霊界、宇宙 これらは 繋がっているんじゃないか?…
「LINK」展の開催に寄せて
写真家である夫が、 小説家である妻の作品のイメージを 写真で表現するという今回の試みは 「VOLVOXで写真展するけど、 あんたも何か展示せえへん?」 という夫の一言からスタートしました。 そう誘ってもらったものの 展示できるような作品はないので 断ろうと思いましたが …
ごあいさつ
この展覧会は三重県出身の作家から成るグループです。 私たちは同じ高校で3年間を共に学んだ仲間です。 高校卒業後は、ものづくりに携わる者、 ものづくりとは違う視点で進路を歩んでいる者などさまざまです。 しかし皆、根本は「ただ純粋にものづくりが大好きな人たち」です。 そこで、自分た…
ごあいさつ
三重県に新しい風を吹かせようと思い、 発足した若手のグループ「未完展」。 早いもので、今年で3年目となります。 本展は毎年、観に来られた方々から とてもご好評をいただいており、 それが我々の励みとなり、 自信にも繋がっています。 VOLVOXでの展示は建物の取り壊しのため、…
[ 私の戦争画展Ⅱ ] の開催に向けて
皆さま 本日は暑い中、ご来場いただき、 とてもありがたく思います。 今回の個展は日本政府の軍事費増強に対する 抗議の意味をこめて開催しました。 ここVOLVOXの画廊がふさわしいと 一人思っています。 私は足も体も頭も悪いので、 デモやハンガーストライキ、街頭演説が出来ませ…
砂で描く。葉で描く。
今年、サンドブラストアート歴25年の 中尾美希さんの個展が始まります。 今回は『ボタニーペインティング』という 新しいジャンルの作品制作にもチャレンジされています。 『サンドブラスト』とは 圧縮空気で細かな砂をガラスに吹き付け 表面を彫刻する技法のこと。 『…
風と土。
********** Rosa 一本の野ばらを撮影しています。 野ばらがある場所に行くきっかけは、 数年前に車で近所にでかけたとき、 桜がたくさん咲いているその景色にひかれ、 それ以降、その場所に撮影に行くようになりました。 しばらくすると、 野ばらが一本生えている…
太陽の恵みで、色を染める。
タイ語で太陽という意味の『TAWAN』。 2016年にタイから帰国。松阪市宇氣郷村に移住した後 日本の風土にあった染色活動をされているchimaさん。 地元で採れる葉や枝、樹皮を用い染め、 自宅近くの小川で布を洗い、染物を創作していく。 自然に在るものを、自然に逆らわず 表現…
GIFTは、分け合う喜び。
VOLVOXでは年に1~2回の企画展を開催しています。 本展もそのひとつで、事務局・立岡が数年前から 企画を温めていました。 『ダウンズ タウン プロジェクト(以下DTプロジェクト)』を 運営される佐久間寛厚さん、佐藤よし子さんは 当時は『アトリエ エレマン・プレザン』という名…
藍が持つ愛のチカラ
*藍にコロナ不活性化効果* 『奈良県立医科大は、藍の抽出物に 新型コロナウイルスを不活性化する効果が あると発表した。(徳島新聞抜粋)』 古来より、薬用植物として活用されてきた“藍”のチカラが、 この時代に脚光を浴びている。 今回のそめやなないろ展はVOL…