「生活の美」を追求し続けて
山口さんのVOLVOXでの個展は、今回で3回目です。 毎回新しい世界を見せてくれる作品群ですが、 今回はさらに一段飛躍された「別格」を感じさせられます。 新しい釉薬への挑戦、初めて作陶された大壺、 ジャンルの違う作家とのコラボ作品など 多彩な山口ワールドが展開され 食器からよりアート…
狼煙を上げろ!
白いvolvoxの壁に、黒と銀と銅の瞳 パステルの山々は眠たそう そこはどこだろ 遠くに見えるあれはのろしだ なにか起きた 白と黒、紫のたよりない数分後には消えるのろしがほらそこにも ほらあのぴーちゃんからも 空に消えるは声も同じく 声ちっさ 糸電話でひろわなくては! 伝導!震えて…
ガラスに封じ込められた花々の息遣い。
VOLVOXで一年ぶりの個展となる 稲垣有香さんの作品展です。 100個を超えるとんぼ玉他、 ガラスアクセサリーを展示・販売します。 今回は、新しいデザインのアクセサリーも 展示されており、見ごたえも充分です。 地元の金工作家とのコラボ作品も出品されいます。 クリスマスのプレゼント…
無限に輝く、七宝の魅力。
阪井友子七宝教室で作品づくりをされている 32名の生徒さんの作品と阪井さんの作品が 2年ぶりにVOLVOXに集まりました。 プロ・アマ問わず、個性的な作品から 技巧を凝らした作品まで、見ごたえのある展覧会です。 従来の七宝のイメージにとらわれず ひとつの絵画として、あるいは 魅惑的なア…
拝啓 よりちゃん さま
今年も台風が往き、少しずつ秋が深まってきました。 よりちゃんがいなくなって、間もなく一年。 今日はあなたの展覧会準備ため、 久しぶりにVOLVOXの仲間が集まりました。 全部で新旧合わせて84点の作品を よりちゃんを思い出しながら、みんなで楽しく作業をしました。 …
職人技×彫刻家の表現
今回の展覧会では、素晴らしい左官の世界を知ることができます。 さらに、彫刻家・中谷ミチコさんが新しい試みで 左官技術、型紙技術を活かし、実験的な作品を展示しています。 漆喰仕上げの展示台に並べられた、左官道具や材料も見どころのひとつです。 日本建築の世界から一歩踏み出し、新しい可能性を見…
時間記録のように、制作し続けること
銅版画で日々、制作活動を続けている水谷潤さん。 今回の展覧会では、ほぼ一年間に渡り 制作し続けてきた作品群43点を発表します。 1週間に1点のペースで仕上げられた作品は 時系列順に並べられ、その時その時の 水谷さんの心情が現れているようです。 ちょっと不思議で、少しSFぽさも感じられる …
昨夜見た夢の続きを…
細い廊下の先に、見慣れない樹木のアーチが見える。 その先の光に吸い込まれるように、アーチをくぐると さらに枯れた葉や花で縁取られたトンネルが・・・ 後ろから話しかけてくるのは植物人間、 階段の上には不思議な生物の標本が並んでいる・・・ 光のように降り注ぐの…
硝子と砂の芸術
“サンドブラスト”とは、ガラスの表面に砂(研磨剤)を コンプレッサーで吹きつけ、彫刻していく技法です。 今回の個展は、サンドブラスト教室を開設して20年、 この節目を記念しての初めての個展です。 過去の受賞作品を始め、最新作まで約100点の作品が 展示販売されます。(一部非買作品あり) …
幾何学模様が創りだす精神性
古典サンスクリット語・mandalaに由来して生まれた言葉「曼荼羅」。 曼荼羅は仏教的な側面を有しますが、 宗教を超えてマンダラの世界は広がっています。 本質を意味する「マンダ」と有するを意味する「ラ」で 「本質を有するという意味」と解釈されたり 円なる「マンダ」を聖なる中心とし、 …