境界を描くこと

境界を描くこと

松山さんの作品と初めて出会ったときのことを、
今でも鮮明に記憶している。

10数センチほどの正立方体の一面に、
わずか数ミリの小さな汚れのような点が描かれていた。
コンテンポラリー・アートは難解という言葉で片付けるのは簡単だが、
私は彼の描き出す作品よりも、彼が何を追及したいのかということに
興味が湧いたことを覚えている。

2016年にVOLVOXで開催された個展のタイトルは「図になるもの 地になるもの」だった。
この「地と図」というキーワードは、私がかつて編集工学を提唱する松岡正剛氏の元で
学んでいたときにも出てきたワードだ。

松岡氏によれば
「一般的な任意の図形というものは、図形だけで成立しているのではなく、
多くは「地」(グラウンド)と「図」(フィギュア)の関係をもっている。
「図」が「地」から飛び出してくる。
そうであるからこそ、そこには知覚行為にともなう「意味」が自立する。」という。

「エッシャーなどの騙し絵などは、
この「地」と「図」が曖昧な図形で描かれているために、
視覚像に対して知覚はたいへんな努力をする。
フィードバックとフィードフォワードとを強引におこす。
そこでは「意味」も行ったり来たり動くのだ。」と続く。

松山さんの描く対象は抽象的な図であるから、
鑑賞者が頭脳の混乱を起こすことは、まずない。
しかし、そこに描かれているモノ、その意味を問う時、
鑑賞者はしばし混乱するかもしれない。

小さく描かれた「点」とその周辺のモノ、あるいは「場」との関係には、
目に見えないけれど、確実に存在する境界線がある。
松山さんは、その目に見えないけれど、
間違いなく存在する境界線の意味を問い続けているのかもしれない。
____________________VOVOX事務局 立岡 茂

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

松山広視展
MATSUYAMA HIROSHI EXHIBITION

絵画における図となる部分と地となる部分の関係性を
追求されている松山さんの2年ぶりの個展です。

■開催日時/2018年4月28日(土)~4月30日(月)
______11:00~19:00(最終日は17時終了)

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

アート・クラフト表現空間 VOLVOX
三重県津市栄町1-888 四天王会館1F
www.volvox-stnk.net

■公共交通機関 JR・近鉄津駅より徒歩10分
■自動車 伊勢自動車道津ICより10分

[お願い]
できるだけ公共交通機関をご利用ください。
会館駐車場は台数に限りがあります。
満車の場合は近隣のコインパーキングまたは
駅周辺の大型駐車場をご利用ください。

関連情報

松山広視展 MATSUYAMA HIROSHI EXHIBITION 絵画における図となる部分と地となる部分の関係性を 追求されている松山さんの2年ぶりの個展を開催します。 ■開催日時/2018年4月28日(金)~4月30日(日) ______11:00~19:00(最終日は1…
皆さんは「ルビンの壺」をご存じだろうか。 ルビンの著書「視覚的図形」に出てくる 背景が黒地で白い壺のカタチをした図形のことだ。 見方によっては2人の人物が向かい合った顔にも見える。 全てのカタチには境界があり、 その境界のいずれかの領域を 人は「図」、あるいは「地」と認識するらしい。…
絵画 松山 広視 Matsuyama Hiroshi 1974年 三重県生まれ、鈴鹿市在住 1999年 名古屋芸術大学 美術学部 絵画科洋画コース卒 個展 1998年-2015年 ギャラリーコヅカ<名古屋>にて毎年開催 2003年-2010年 ギャラリィK<東京>にて8回開催 …
松山広視展 Hiroshi Matsuyama Exhibition 図になるもの 地になるもの 絵画における図となる部分と地となる部分の 関係性を追求しています。 図とは描かれているものそのものであり、 地とは図が描かれている場所のことです。 このふたつの要素は絵画の構成に必…