刻の風景 Ⅱ Time of the landscape

刻の風景 Ⅱ Time of the landscape
西尾恭子絵画展

2022/01/13-01/18
西尾恭子

あらゆるものは朽ちてゆく
時間の流れとともに
崩れ落ち、消えてゆく

錆つき退色した姿に
美しさや愛おしさを見出すのは
自分自身の生き様を
映しているからなのか

_________西尾恭子


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
刻の風景 Ⅱ Time of the landscape
西尾恭子絵画展

■開催日時/2022年1月13日(木)~1月18日(火)
______11:00~19:00(最終日は17時迄)

●お願い
・体調不良の場合は入場をお控えください。
・入場の際には必ずマスクをご着用いただき
手指のアルコール消毒にご協力ください。
・会場内で大きな声での談笑等は差し控えてください。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

アート・クラフト表現空間 VOLVOX
三重県津市栄町1-888 四天王会館1F
www.volvox-stnk.net

■公共交通機関 JR・近鉄津駅より徒歩10分
■自動車 伊勢自動車道津ICより10分

[お願い]
できるだけ公共交通機関をご利用ください。
会館駐車場は台数に限りがあります。
満車の場合は近隣のコインパーキングまたは
駅周辺の大型駐車場をご利用ください。

関連情報

あらゆるものは朽ちていき 鉄サビは細かく崩れ、土に混ざる。 植物も土に帰る。 人も亡くなれば、土に還ると言われる。 すべて自然から生まれ、自然に戻るのではないか… あらゆるもの、植物も、人も、 時とともに刻々と変化していく。 止まることはなく、少しずつ形を変えていく…
朽ちてゆく手押しポンプの錆が作り出す造形。 その錆は幾年かの日々を越え、やがて土に還ってゆく。 その「命の循環」ともいえる日常の現象に 西尾さんは惹かれているのだ。 VOLVOXの会場に飾られたポンプの絵が語る それぞれのストーリーを想像してみる。 「刻」は人知を超えた大きな愛に包ま…
西尾恭子 Nishio Kyoko 絵画 1965年 津市に生まれる 1986年 名古屋造形芸術短期大学 造形芸術科卒 2010年 一水会展 入選(以降、2013年まで入選) 2014年 独立展入選 三重県洋画協会会員 …
初めての個展です。 形が面白いことや、錆びたものに興味を惹かれて、 描き始めた手押しポンプ…。 使われていた頃の話を聞き、描いていくうちに過ぎ去った時間や、 これからの未来の時間に思いを馳せるようになりました。 そして最近、破壊―再生が表現できたらと思うようになりました。 手押しポンプを…